動きやすく快適な医療用スクラブ|一日中着けられる医療用帽子

このエントリーをはてなブックマークに追加

一日中快適に着けられる

ぼうし

抗がん剤治療を受けている場合、薬の副作用によって髪を失ってしまうという人は多いものです。服薬や点滴によって投与される抗がん剤は、がん細胞だけでなく健康な細胞にまでダメージを与える薬です。治療の間は体への負担が強く現れ、がん細胞と同じく成長速度の早い、髪を作る細胞に影響が現れやすいのです。自分の髪が抜け落ちてしまうのは、自分だけでなく周りにも大きなショックを与えてしまうものですので、抗がん剤治療を受けている間は医療用帽子を着用するとよいでしょう。室内用の帽子であれば、通気性の高い帽子を着用するのが最適です。ほぼ一日中着用することになるので、通気性の悪い帽子ですと内部で蒸れて不快なものとなります。医療用帽子の中には通気性の高い特別な繊維を使っている製品もあるので、抗がん剤治療を受けている人でも負担なく利用ができます。

通常の帽子とは違い、医療用帽子は抗がん剤治療などで髪を失った人が着用します。デリケートな頭皮に直接ふれる帽子となるため、肌触りはなるべくよい帽子を選びたいと多くの人は考えるでしょう。もしも肌に合わない医療用帽子を着用した場合、チクチクとした不快な肌触りが常に頭部に与えられるため、治療の間に余計なストレスを与えられるようになります。しかし、肌触りが滑らかな医療用帽子であれば、就寝時にも快適に着用ができるようになります。素材や縫製方法などにこだわった医療用帽子であれば、不快感もなくつけ続けることができるでしょう。